社会人でも効率良く免許を短期間で取得出来る

免許証の有用性

プライベートを削ってまで通う覚悟

社会人が免許を取得する上で時間の確保は最低条件です。
学科に関しては一般的に日中でなければなりませんが、余程仕事帰りが遅くならなければ夜に技能講習を受けることも不可能ではありません。
しかし毎日残業で帰りが遅くなるようではそれこそ休日しか受けることが出来ません。
1日に受けられる回数も基本的には決まっていますのでそれではかなりの時間を要することになってしまいます。

また、時間を確保するということは休日のプライベートタイムを返上して教習所に通わなければならないということ。
勤務形態がシフト制などであれば比較的空いている平日に通うことも可能ですが、土日が休みのような勤務先だと週の中でも混雑している中で通う必要が出てきます。

強い意思をもって臨む

もう一つ必要なもの、それは免許を取るぞという確固たる意思です。
技能講習は毎日行っている為、一度タイミングを逃したぐらいでどうということはありませんが学科は日ごとに受けられる科目が違う為、その日を逃してしまうと再度その科目の講習が行われる日まで待たなければなりません。

限られた時間の中で教習所に通う人は基本的に学科に合わせて技能講習を組む方が効率が良いように思えます。
学科のスケジュールを見てこの日までに全てを受講するとまずは決めること。
しかし上記の通り一度タイミングを逃すことで予定が狂ってしまい、その途端に通う気を無くすというのも有り得ない話ではありません。
そうなってしまわない為にもちょっとのトラブルで動じないよう免許を取るという確固たる意思は非常に大切です。


シェア
TOPへ戻る